胃内視鏡(胃カメラ)検査

胃がんや胃潰瘍の早期発見を目的に以下の年齢に達する方を対象に胃内視鏡検査を実施しています。胃内視鏡検査とは、先端に高性能カメラのついた細いチューブを口や鼻から挿入し、食道・胃・十二指腸を観察する検査です。検査により、胃がんや胃炎・胃潰瘍等の診断が可能な検査となっています。

【対象年齢】 年度末年齢が50歳・55歳・60歳・64歳に到達する被保険者

 

 

①定期健康診断と同時に受診する場合

事業所が実施する健康診断と同時に胃内視鏡検査を受けます。事業所の定期健康診断を実施する契約健診機関が近隣にある場合に利用できます。

≪受診期間≫ 対象年齢に達する年度4月1日~翌3月31日まで

 

②定期健康診断とは別日に、胃カメラ検査のみ受診する場合

 

事業所内の会議室等で巡回健診を受診する場合などは、別日で胃内視鏡検査実施機関リストより検査機関を選び、胃カメラ検査を受診できます。全国約600施設の健診機関より選ぶことができます。予約はWebまたは電話で行います。胃内視鏡検査にかかる費用は請求されません。

※検査の結果、病理診断や紹介状の発行、ピロリ菌検査等が必要になった場合、それらの検査等は保険診療となり自己負担(3割)が発生します。(胃内視鏡検査は健保指定検査項目のため、無料で受診できます)

≪受診期間≫対象年齢に達する年度5月中旬~翌2月末日まで

 

申込マニュアルおよび検査機関一覧はこちらからダウンロードできます。  【申込みマニュアル】【検査機関一覧】【検査機関一覧

 

③かかりつけ医のもと受診する場合や特定の医療機関で受診する場合

 

かかりつけ医の指示のもと胃内視鏡検査を受診したり、胃内視鏡検査実施機関リストに載っていない検査機関にて受診を希望する場合は、検査の予約から費用精算までを全てご自身で行い、後日健保組合へ検査に要した費用を請求することができます。

※保険診療(3割)で受診した場合でも、胃内視鏡検査に要した費用までは請求することが可能です。

※検査の結果、病理診断やピロリ菌検査等が必要になった場合、それらの検査は保険診療となり自己負担(3割)が発生します。(胃内視鏡検査は健保指定検査項目のため、無料で受診できます)

≪受診期間≫対象年齢に達する年度4月1日~翌3月31日まで

≪申請期間≫4月10日健保組合必着(土日祝日の場合はその翌営業日)

 

事後精算申請書はこちらからダウンロードできます。  エクセル版 【胃内視鏡検査事後精算申請書】

                          PDF版   【胃内視鏡検査事後精算申請書】   【見本】

※検査実施内容確認のため、領収書の原本の他に領収明細等検査実施内容の確認できる書類を併せて添付してください。

※提出いただいた領収証はお返しできません。